poco a poco

新潟市西区にある坂場ピアノ教室のブログです。poco a poco(ポコ ア ポコ 少しずつ)自分のペースで音楽を楽しむ毎日を。

ピアノ教室という場所

f:id:TakakoSakaba:20200703110455j:image

 

7月が始まりました。下半期ですね。

今年の時の流れはいつにもまして速く感じられます。体感では今5月くらい。

ばたばた時間に追われてしまわないように自分のペースを取り戻していきたいと思います。

 

 

さて、ピアノ講師を始めてから17年ほど経ちまして、多くの子供たちと接する中で時々感じることがあります。

それは、彼らなりに学校という場所に適応しようと頑張っていて、疲れたり傷ついたりすることがあるということ。

 

学校は大事な社会の一つの場ではありますが、少々特殊な場所でもあります。

同じ年頃の子供が、同じ場所に集まり、同じ時間に、同じ(ような)服装で、同じカリキュラムを受ける。

ひとたび社会に出ると、これだけ「同じ」が揃う場所に出会うことはあまりありません。

(今パソコンで打ち込んでいて「同じ」がゲシュタルト崩壊を起こしました)

そこにひとりひとり全く違う個性の子供たちが揃うわけですから、摩擦もすれ違いもあるでしょうし、

常に順風満帆というわけにはいかないかもしれません。

 

子供は、自分が傷ついている時でも、明確に言語化できていないことがほとんどです。

小さい子であれば、なんかつかれた、なんかやだ、という言葉となることが多いでしょうか。

小学校高学年以降になると人間関係も複雑になりますし、中高生にもなれば保護者や先生には言わないことがどんどん増えていきます。

繊細でおとなしい子ばかりではなく、活発で学校に大いに適応しているように見える子でも、いろんなことを感じているんですよね。

 

 

そんな子供たちを見て、ピアノ教室は何ができるだろうか?ということをよく考えます。

 

ピアノ教室はピアノを教える場所ですが、子供たちにとってひとつの「場」であれたらと思うのです。

学校でもなく、家庭でもない場所。

友達でも、学校の先生でも、親でもない、ピアノの先生という立場の私。

学校は社会の一つではありますが、全てではなくほかの社会もあると知ることがささやかな救いになると思うのです。

そんなことを、なんとなくでも感じ取ってもらえたらと思っています。

 

 

 

教室Instagram日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPをご覧下さい♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

上半期の終わり

f:id:TakakoSakaba:20200624141847j:image

 

6月最終週となりました。

今月で今年の上半期が終わり、7月からは下半期が始まります。

皆様にとってはどんな上半期でしたでしょうか。

突如として現れた新型コロナウイルスへの対応に追われ、今もなお様々な奮闘をされている方もおられると思います。

梅雨の湿度、気温の高さに気をつけ、体調管理をしっかりして過ごしていきたいですね。

(余談ですが、先日軽い熱中症になってしまいました。皆様もどうぞお気をつけ下さい)

 

坂場ピアノ教室では、6月から対面レッスンを再開してもうすぐ1か月になります。

今年の下半期、秋以降は、例年と同じく音楽に関するイベントや催し物が予定されています。

坂場ピアノ教室でも子供、大人の生徒さんともに発表会を予定しているのですが、状況を鑑み、

生徒さんや保護者の皆様ともお話しさせていただきながら、どのようにしていくのか決めていきます。

7月中には最終決定したことを正式に文書でご連絡させていただきますね。

 

生徒さんたちと保護者の皆様には、いつもご理解とご協力を賜り、心より感謝しております。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPをご覧下さい♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

音読みの練習

学校の授業やピアノ教室での対面レッスンが再開して半月がたちました。

以前とは違う場面もありますが、少しずつ日常が戻ってきていることを感じています。

手洗い、マスク、人との距離の取り方に気をつけつつ、心穏やかに日々を過ごしていけたらいいなと思っています。

 

さて、坂場ピアノ教室では、導入期の生徒さんの音読みの練習のために「おんぷちゃん」というアプリを新たにiPadに導入しました。

 

f:id:TakakoSakaba:20200619094009j:image

 

これは音符の読み方や音を当てるゲームアプリです。

アプリ開発者の娘さんがヘ音記号の音を読むのが苦手だったので、その克服のために開発されたとのこと。

「おんぷちゃん」はゲーム感覚でできるので、普段タブレットで動画を見たりやゲームをすることが好きな生徒さんには大人気。

お子様にはとても楽しい作りになっています。

 

逆に、音符カードの方が好きという生徒さんもいて、生徒さんごとで好みが分かれるよう。

 

f:id:TakakoSakaba:20200619094651j:image

 

f:id:TakakoSakaba:20200620110117j:image

 

ドレミの音を読めるようになるまで、個人差はありますが子供の場合は時間がかかる場合が多いです。

ご自宅での練習の際に、痺れを切らして保護者の方が音を教えてしまうこともよくあるかと思います。

音符がすらすら読めるようになるまでには時間がかかるということをまず念頭に置いていただき、

その間生徒さんにはできるだけ楽しく覚えていってもらえたらいいなと様々な方法を日々考えています。

f:id:TakakoSakaba:20200620110135j:image

 

f:id:TakakoSakaba:20200620110148j:image

 

音楽は、音符をすらすら読めるようになると練習しやすくなり、新たな世界に出会ったような気持ちになるのですが、そこに行くまでには地道な積み重ねが必要となります。

色んな方法で、色んな角度から、楽しみながら学んでいってもらえたらと思います。

 

 

 

教室Instagram更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPをご覧下さい♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

模索を続けること

f:id:TakakoSakaba:20200610111243j:image

 

6月もあっという間に中旬となりました。

マスク着用でいつもの年よりも暑さを感じやすいですね。

水分補給に気をつけ、暑さ対策に努めたいと思っています。

 

今年は新型コロナウイルスの影響で、上半期のイベントは軒並み中止や延期となっています。

ピアノ教室に関係するところでは、コンサート、発表会、コンクールなどが当てはまりますね。

誰も想像したことのなかった事態です。

 

秋以降に延期になっているものも多くありますが、いまだ先が読めないというのが正直なところかと思います。

もちろんこのまま終息に向かっていってもらえることを願っていますが、

命に関わることですので、冷静に状況を把握し判断していく必要があります。

 

まだしばらくは様々な制限がかかります。

その中でピアノ教室としてできることは、感染予防対策に充分に努め、制限の中で精一杯できること、

そして生徒さんとやりたいことを見つけていくことかなと思っています。

「誰も想像したことのなかった事態」の中で、これまでも、今後も模索を続けていきます。

 

このコロナ下、多くのピアノ教室で、教室の方針や通われている生徒さんの状況に合わせ、先生方がレッスンの方向性を決めておられます。

教室ごとに方法が違うこともありますが、それは、その教室に合うものがそれぞれ違うためです。

先生方は考えうる最善の判断をされていることと思います。

音楽という文化を支える一つであるピアノ教室が、今後も生徒さんたちのためにより良い形で続けていけるように。

まだ若輩者の身分ですのでひっそりと同業の皆様・諸先輩方にエールを送りつつ、私自身もこつこつとやっていきたいと思います。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPをご覧下さい♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

対面レッスンの再開

f:id:TakakoSakaba:20200606154759j:image

 

6月に入りました。急に暑くなってきましたね。

 

坂場ピアノ教室は今週から対面レッスンを再開しました。

1か月半ぶりのレッスン室でのレッスンに、とても新鮮な気持ち。
久し振りだからか、生徒さんたちがなんだか大きくなったように見えます。

(そして実際に皆さん身長が伸びているようです)

 

写真の生徒さんは以前よりも多くの種類のタッチを使い分けられるようになり、集中力も増してきました。
ぐんぐん成長していく様子が嬉しく、頼もしいです。

 

しばらくお休みされていた生徒さんの復帰も多かった今週。
お元気そうなお顔を見られてとても嬉しかったです。

 

6月も引き続き、オンラインレッスンの生徒さんもいらっしゃいます。

坂場ピアノ教室では、新型コロナウイルスが終息するまではオンラインレッスンの対応も続けていきます。

感染の状況や、生徒さんご自身のご都合などに合わせてご利用いただけたらと思っています。

 

コロナ下での「新しい生活様式」に、様々なことが模索されています。

坂場ピアノ教室も状況に合わせ、できることをこつこつやっていきたいと思います。

日々の暮らしの中で、音楽を楽しんでいきましょう。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPをご覧下さい♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

「女の子らしく」「男の子らしく」ではなく「その子らしく」

f:id:TakakoSakaba:20200528170842j:image

 

令和もあっという間に2年になり、もう少しで上半期が終わろうとしています。

昭和生まれの私にとってはなんだか未来を生きている感覚なのですが、同意してもらえる方はおられますでしょうか。

2020という数字を見るたびにびっくりします。すごい数。去年あたり2010年だったような気がするんですよね。

 

さて、今日はピアノ教室において、音楽以外のことで私が気を付けていることについて書いてみたいと思います。

坂場ピアノ教室は大人の生徒さんにも多く通っていただいていますが、やはり子供の生徒さんの方が割合は多いです。

子供のレッスンの時に気をつけていること。

それは、「女の子らしく」「男の子らしく」という言葉を生徒さんに当てはめないようにすることです。

 

女の子だから、男の子だからこうしなくてはいけない、という価値観は、多様性が重視されるようになった令和の今でも依然として残っています。

女の子は可愛らしく大人しく。

男の子は強くかっこよく。

いえ、その子本人のありたい姿がそれならばそれは素敵なことだと思うのですよ。

でも、強くかっこよい女の子も、可愛らしく大人しい男の子も、その子らしく伸び伸びいられるのであれば素敵なことではないですか?

 

また、自分の考えを持ち、自立した大人になるということは、性別問わず大事なことであるとも考えます。

私が子供の頃は、「女の子はいずれ結婚して家庭に入るけれど、男の子は家族を養わなければいけないからしっかり進路を考えないといけない」という価値観が普通に提唱されていました。

20年ほど前の平成の世のことです。

私の友人は、女の子に学歴は必要ないと大学進学を反対されていました。

反対に、男の子だから音楽の道に進むことを反対されていた友人もいました。

令和になった今はどうでしょうか。

男の子だから、女の子だから、と生き方を決めるのではなく、その子が行きたい道に進める世の中であってほしいと願ってやみません。

どんな道に進むのか、どう生きるかは、性別に依らず自分で考えて決めていいことですからね。

 

性別ではなく、その子本人を見つめ、育むこと。

それが、坂場ピアノ教室で大事にしていることです。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPをご覧ください♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

6月以降のレッスンについて

f:id:TakakoSakaba:20200521164539j:image

 

【6月以降のレッスンについて】

 

本日、生徒さん全員に6月以降のレッスン形態についてご連絡しております。

 

緊急事態宣言の解除と6月より学校で通常授業が始まることに合わせ、坂場ピアノ教室でも6月から対面レッスンを再開します。

引き続きオンラインレッスンをご希望の方にはオンラインでレッスンしていきます。

 

教室にお越しになる生徒さんとご家族様はマスクのご着用と、

体調不良を感じた場合の別日への振替レッスンをお願いしております。

坂場ピアノ教室でも感染拡大防止に厳重に努めてまいります。

 

久し振りに生徒さんたちと直接お会いできるのを心から楽しみにしております。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区にある山田小学校近くのピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPをご覧下さい♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室