poco a poco

新潟市西区にある坂場ピアノ教室のブログです。poco a poco(ポコ ア ポコ 少しずつ)自分のペースで音楽を楽しむ毎日を。

大人の生徒さんの発表会が終わりました

f:id:TakakoSakaba:20171019164157j:image

先週の日曜日、大人の生徒さんの発表会をスタジオスガマタさんで開催しました。


初めての会場ですが、ピアノがコンサートホールに置かれるフルコンサートモデルということもあって、とても楽しみにしていました。
普段なかなか演奏できないタイプのグランドピアノです。
生徒さんたちには開演前に指慣らしでリハーサルをしていただき、本番に臨んでいただきました。

f:id:TakakoSakaba:20171019164547j:image
今回は長めの曲を選ばれた方が多く、いつもよりもがっしりとしたプログラムだったように思います。
皆さん、緊張の面持ちで演奏されていました。


緊張してしまうと、どうしてもいつもはしないようなミスをしてしまいがちです。
でも、ミスをしないことを目指すのではなく、途中何が起こってもきちんと最後まで弾ききるということが音楽にとっては大切なことです。
あとは、できる限り楽しむこと。


生徒さんたちは皆さんそれぞれの持ち味を生かした素敵な演奏をされていました。


私は今回、バラキレフというロシアの作曲家の「ひばり」という曲を演奏しました。
響きを楽しみながら弾かせていただきました。


緊張の発表会のあとは、リラックスしてお茶会に。

f:id:TakakoSakaba:20171019164627j:image
場所を移して、ネルソンの庭で開催しました。
ケーキセットやお茶を囲み、音楽の話から人生の話まで和気あいあいと話に花が咲きました。

f:id:TakakoSakaba:20171019164656j:image
大人の生徒さんたちは年齢も立場もバラバラなので、そのぶん普段の生活にはない出会いがあるんですよね。
生徒さんのご友人たちにも参加していただき、素敵な会になったと思います。


発表会の写真を専門の方に頼んでいますので、できあがってからまた教室HPに詳しくまとめようと思っています。
もうしばしお待ちください。


出演された皆さま、本当にお疲れ様でした。
そして、ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。

発表会前のラストスパート

f:id:TakakoSakaba:20171012153248j:image

今週末に発表会を控え、大人の生徒さんたちはラストスパートに入りました。
皆さん、レッスンにはいつもよりも気合が入っています。


かく言う私も、講師演奏をしますので時間を取ってこつこつ練習しています。


時々生徒さんから「緊張しない方法はありますか?」と聞かれるのですが、良い答えはなかなか見つかりません。
緊張しない方法って、ないんですよねえ…


何百回と人前で弾いていますが、私は今でも緊張します。
緊張の度合いはその都度違っても、緊張しないで弾いたことはほとんどないような気がします。


それよりも、緊張の中でも人前で弾くことを楽しめればいいなと思っています。


いつもよりも良い楽器で弾けること。
会場の中で響いていく音色。
自分が演奏する音楽を楽しむこと。


五感に入ってくるものには、発表会でしか体感できないことがたくさんあります。
緊張して頭が真っ白になってしまう場合もありますが、そのぶんいつもよりも鮮やかに感じることができます。


人前で披露するためにいつもよりも丁寧に時間をかけて練習することもあり、技術の向上にもつながります。
そして、発表会ではほかの方の様々な演奏も聴けます。


1年、1年半に1度の、大きなサイクルで発表する機会があると、練習の励みになりますし、とても刺激になるんですね。


緊張しても、たとえミスしてしまっても、大きな問題ではありません。
生徒さんには、楽しんで演奏することを目指して発表会に出演していただけたらなと思っています。

ハロウィン

f:id:TakakoSakaba:20171005150215j:image

 

10月に入り、あちこちでハロウィンの飾りを見かけることが増えてきましたね。

坂場ピアノ教室でも飾を変えました。

 

f:id:TakakoSakaba:20171005150355j:image

 

生徒さんたちは気づくと反応してくれるので、嬉しいです。

季節によってちょこちょこ飾りを変えると、1年の移り変わりを感じられていいですね。

 

秋のイベント、楽しんでいきましょう。

生の音楽を聴く

前回のブログでも書いた、生徒さんに毎月1回お渡ししている教室便りには、毎回おすすめコンサートを1つご紹介しています。


そして、教室の一角にはコンサートのチラシを貼っています。

f:id:TakakoSakaba:20171003133305j:image


「この間、教室だよりに載っていたコンサートに行ってきました」
と時々教えてくださる生徒さんもいます。


現在、無料の動画サイトで気軽に音楽を聴けるようになりました。
ありとあらゆるジャンルの音楽を瞬時に検索することができ、しかも丸々全部聴けることも多いです。
私もよく利用しています。便利ですものね。


そういう時代だからこそ、生の演奏はどんどん価値が上がっていっているように思います。


アーティストと同じ空間を共有し、空気を通して伝わってくるのは、音だけではありません。
息遣い。緊張感。高揚感。生の楽器が奏でる、雄弁で、多彩な音色。


その場でしか体験することのできない何かが、コンサートやライブには必ずあります。


小さなお子さんは、音楽はよくわからなくても、最初は「楽器がかっこよかった」「ドレスがすてきだった」というところから興味を持つので十分だったりします。
それも音楽の楽しみの一部ですからね。


その場で音楽を体験することの楽しさは、言葉ではなかなか言い表せません。でも、確実に人生を豊かにしてくれます。
私自身もできる限りコンサートやライブに足を運ぼうと思っていますし、生徒さんにも体験していただけたらなという思いです。


秋はコンサートなどのイベントが多い時期です。
気軽に行ける料金やコンサート時間のものも揃っていますので、ご家族やご友人、またはおひとりでも、聴きに行ってみてはいかがでしょうか。

教室便り「Poco a Poco ぽこ・あ・ぽこ通信」

f:id:TakakoSakaba:20170927151111j:image

坂場ピアノ教室では、月に1回「Poco a Poco ぽこ・あ・ぽこ通信」という教室便りを配布しています。
今月でvol42となりました。


ピアノを弾く、聴くだけではなく、ほかに何か楽しむためのアプローチはないかなと考え、始めました。
私はパソコンでレイアウトを作るのが苦手なので、全て手書きです。
手書きですと、不思議と目に留めてくださる方が多いように思います。


内容は小学校高学年より上の方に向けて書いています。
これは、生徒さんだけではなくご家族の方にも楽しんでいただきたいから。
音楽は1人でも楽しめますが、誰かと一緒に楽しむこともできるものです。
ですから、「Poco a Poco」には話の種になりやすいネタをちょこちょこ入れております。

f:id:TakakoSakaba:20170927151158j:image
演奏できるできないに関わらず、音楽を家族で共有し楽しめたら素敵なことだと思うのです。
その一助となればという気持ちでの教室便りです。


時々、生徒さん以外の方から「読みたい」と言われることがあって、印刷してお渡ししたり、原本をまとめたファイルをお見せしております。
ご希望の方は、遠慮なくお声掛けくださいね。

恩師の記念コンサート

f:id:TakakoSakaba:20170925171058j:image

9月23日(土・祝)に、だいしホールにて、私の大学時代の恩師である鈴木賢太先生の新潟大学着任20周年記念コンサート「つむぐ音」が開催されました。


今回は鈴木先生だけではなく、卒業生から現役生までの15名の門下生と一緒のコンサートです。
私は今回、実行委員の1人として会に関わらせていただきました。

f:id:TakakoSakaba:20170925171125j:image
私が大学を卒業してから15年が経ちます。
今でも大学時代の4年間は私にとって大切な時間であり、日々心の底でどっしりと私を支えてくれています。


鈴木先生から学んだことは数多くありますが、心に一番強く残っているのは、いつもまっすぐに音楽と向き合っておられる姿です。


音楽と向き合うということは、楽しいばかりではなく、時に辛い気持ちも伴います。


音楽は実際には厳しい競争の世界であること。
表現したいことに比べて自分の表現力や技術力の乏しさにぶつかってしまうこと。
日々の雑事に振り回されて、じっくり音楽と向き合う時間が限られてしまうこと。


音楽を始めてからもう30年が経つのですが、いつも自分が音楽という果てしない大海に漕ぎ出す小さな船のように感じる心許なさは消えません。


鈴木先生が同じ気持ちを持っているかどうか推し量るのは僭越に過ぎることですが、いつも真摯に音楽や生徒と向き合う先生の後ろ姿に、当時も、そして今も学び励まされ続けているように思うのです。


今回出演した門下生15名も、それぞれが日々何かを背負いながら音楽と向き合い続けています。
コンサートの演奏を聴きながら、その気持ちがこちらにも伝わってくるようで、静かにこみ上げてくるものがありました。


鈴木賢太先生の門下生になれたこと、同じ門下生の人たちと出会えたことを、心から嬉しく思います。


最近よく思うのは、音楽と向き合うのに、期限は決められていないということです。
それは、自分のペースでこつこつと積み重ねていけるということ。
鈴木先生から教わったことと共に、これからも日々音楽と向き合っていこうと思います。

大人の生徒さんの発表会まであと1か月

f:id:TakakoSakaba:20170916171626j:image

坂場ピアノ教室では、大人の生徒さんの発表会までちょうどあと1か月となりました。
皆さん、今週のレッスンからぴりっと引き締まって来ています。
仕事にご家庭にとお忙しい中、皆さん時間を作ってこつこつ練習されています。
その取り組みには本当に頭の下がる思いです。


今年は初めての会場での発表会です。
生徒さんたちが緊張しながらも、日頃の練習の成果を楽しんで発表できる会にしていきたいと思います。
私も講師演奏をさせていただきます。
練習、頑張ります!

 

過去の発表会の様子はこちらからご覧いただけます。

2014 大人のための Piano Concert - 坂場ピアノ教室

2015 大人のための Piano Concert - 坂場ピアノ教室

 2016 大人のためのPiano Concert - 坂場ピアノ教室

 

 

 今日からシルバーウィークが始まるのですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。
台風が来るそうですので、どうぞお気をつけ下さいませ。
素敵なお休みとなりますように。