poco a poco

新潟市西区にある坂場ピアノ教室のブログです。poco a poco(ポコ ア ポコ 少しずつ)自分のペースで音楽を楽しむ毎日を。

保護者の方への連絡方法

新潟市、今週に入って暑くなってきました。

日差しも明るく、少しずつ初夏になってきています。

今週から運動会や体育祭が催される学校が多くなるようですね。

怪我と日焼けには気をつけて、楽しい日になりますように。

 

f:id:TakakoSakaba:20190517121406j:image

 

さて、坂場ピアノ教室は6月末に子供たちの発表会があります。

これまで、発表会などのご連絡は紙に印刷して生徒さんたちに手渡ししていましたが、今回からLINEやメールで保護者の皆様に直接お送りすることにしました。

生徒さんの手紙の渡し忘れやなくしたりといったことがあって、うまく保護者様に連絡が伝わっていないことが時折あったためです。

 

連絡方法の変更は保護者様からおおむね好評です。

スマホでいつでも連絡を確認できるというのもとても便利。

デジタルツールは日進月歩ですので、便利で使いやすいものはどんどん取り入れていこうと思います。

 

これから発表会に向けての準備が本格的に始まります。

生徒さんとご家族の皆さまにとって心に残るものにしていきたいと思っています。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせなどは下記のHPをご覧下さい♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

GWが終わりました

GWが終わり、ゆるゆると日常が戻ってきました。

皆様、いかがお過ごしでしたでしょうか。

 

私はGW中はひたすら大掃除、ピアノの練習、読書をしておりました。

新潟の年末はとても寒いので、いつも毎年この時期に大掃除をしているんです。

普段の掃除の行き届いていないところを念入りに掃除したり、使わないものを処分したらかなりすっきりしました。

本も積読していたものを10冊以上は読めましたし、合間に友人と会ったりと、のんびり良いお休みを過ごすことができました。

 

坂場ピアノ教室も今週火曜日から通常通りです。

お休み中にあったことを生徒さんからいろいろとお聞きしながら、連休明けは少しばかりゆっくりのペースでレッスンを始めています。

また、お土産などお心遣いをいただくこともあり、とても嬉しく思っております。ありがとうございます。

 

今月は、6月末の発表会に向けた準備を進めながら、新入会の生徒さんたちと、長期のお休みの後に復帰される生徒さんたちをお迎えします。

新緑の季節を楽しみながら、生徒さんたちと一緒に楽しくピアノを奏でていこうと思います。

 

f:id:TakakoSakaba:20190509092739j:image

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせなどは下記のHPをご覧ください♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

GW

f:id:TakakoSakaba:20190427191622j:image

 

いよいよGWに入りました。


待ちに待っていたという方も、のんびりお過ごしの方も、お仕事やご家庭のご用事という方もいらっしゃるかと思います。

初日から気温の低い天気となっていますが、寒暖差の激しい折り、皆様お体にはどうぞお気をつけ下さい。


坂場ピアノ教室は明日から5月6日(月)までレッスンをお休みいたします。

この間、Instagramとブログの更新もお休みいたします。


お休みの間も生徒さんからのご連絡はいつも通りお受けしております。

レッスン変更やお休みのご連絡、その他諸々、お気軽にご連絡下さい。


それではまた5月7日(火)に。

どうぞ良きGWを。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせなどは下記のHPをご覧ください♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

新規生徒さんの募集お休みのお知らせ

GWが間近となってきました。

長い連休を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。

また、お仕事やご家庭のご都合が入っている皆様、お疲れ様です。

皆様にとって素敵なGWとなりますように。

 

f:id:TakakoSakaba:20190424103249j:image

さて、坂場ピアノ教室はこの年明けから11名の生徒さんに新たにご入会のお申し込みをいただきました。

この短期間にこれだけの生徒さんにご入会いただいたのは初めてのことで、大変嬉しく思っております。ありがとうございます。

生徒さんおひとりおひとりがご自分のペースで音楽を楽しめるよう、丁寧なレッスンを心がけていきたいと思っております。

 

生徒さんたちのレッスンに心を尽くすこと、また、近々発表会があり、その準備に集中したいと思っておりますので、しばらく新規の生徒さんの募集をお休み致します。

募集再開はまたこちらでもご連絡致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

教室詳細、お問い合わせなどは下記のHPをご覧ください♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

音符を読む力

新潟市、今日は気持ちのいい晴れの日となりました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

桜が終わり、いよいよ若葉の季節がやってきますね。

春のぽかぽかな日差しを楽しみたいと思います。

 

f:id:TakakoSakaba:20190420184107j:image

 

さて、春からピアノを始めたという方も多いかと思います。

小さな子供さんがピアノを始めるとき、できるようになるのに一番時間がかかるのは音符を読むことです。


最初のうちは音の少ない曲から始まるので、音を読んで弾くよりは音を覚えて弾いた方が早かったりします。

音を読むのは数えたり覚えたりと根気のいることなので、さっとできる「耳で覚える」に頼る子供さんがとても多いんですよね。


耳で聞いて音がわかるというのは素晴らしいことです。

でも、そこに読譜力がついたらさらに素晴らしいこと。


音が増えてきたときに、読譜の力がきちんとついている生徒さんはさらにぐんと伸びることができるんです。

音楽への理解力も深まります。

ですから、坂場ピアノ教室では、音符を読めるように時間をかけてじっくり取り組みます。

 

読譜の力をつけるには、反復してやることがとても大切です。

楽譜を見て音を読む作業だけではなく、音符カードを使ったり、五線譜のノートを使ったり。

年単位をかけて力をつけていきます。

 

f:id:TakakoSakaba:20190420185426j:image


音楽は音が読めなくてもできるのでは?と疑問を持つ方もいらっしゃると思います。

クラシック音楽以外の場所では、コードが中心のこともありますものね。

私の友人にも、音符は読めないけどめちゃくちゃギターがうまい、という人がいます。

どんな方法で音楽に親しむかは皆さんそれぞれだと思いますが、ピアノに関しては楽譜になっている曲が多いので、読譜ができると弾ける曲が格段に広がります。

 

せっかくピアノ教室に通うのなら、音符を読んで弾けるようになってもらえたらと思っています。

なぜなら、生徒さんたちはいずれ成長し、教室を卒業していきます。

教室を離れたあとも自分でピアノを弾くことを楽しめるように。

楽しめる範囲が広くあるように。

じっくり読譜の力を生徒さんにつけてもらいたいのは、そう願うからです。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

随時体験レッスンを行なっています。

教室詳細、お問い合わせなどは下記の教室HPからお気軽にどうぞ♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

楽譜の違い

f:id:TakakoSakaba:20190412154251j:image

 

新潟市も桜がいよいよ見頃を迎えました。

皆様いかがお過ごしでしょうか。

今週末がお花見に絶好のチャンスのようです。

お天気も良さそうですし、私もぽちぽち出かけたいなと思っています。

 

 

さて、ここ最近のレッスンでは、楽譜を見比べてああでもないこうでもないと生徒さんと吟味する機会が増えました。

どういうことか?と言いますと、クラシック音楽は、楽譜の出版社ごとに曲に書かれていることが違うからです。

 

たとえば、バッハのインベンション1番。

f:id:TakakoSakaba:20190412155038j:image

おわかりいただけただろうか(心霊番組のナレーション風に)。

左の楽譜にはスラーや強弱記号などがバシバシ入っていますが、右の楽譜にはまったく書かれていません。

これは、右の出版社が手抜きをしているわけではなく、作曲家が楽譜を書いたときに細かな指示を書き込まなかったことが原因です。

それは、当時の演奏家の中では暗黙の了解の弾き方があったからだと推測されます。

 

たとえば、「☎︎」という絵文字があるじゃないですか。

これ、電話だということは大体の人はおわかりですよね。

でも、30年くらい経ったら、これが電話だとわかる人は減ると思います。

そして、100年後にはどうでしょう?

きっと、カッコつきか何かで注釈がないと「電話」というものだったことがわからない人がほとんどになるのではないでしょうか。

 

たとえが適切かどうかはさておき、音楽でも同じことが言えます。

作曲家が事細かに指示を楽譜に書き込まなくても、当時の演奏家は大体の弾き方がツーカーでわかっていたのだと思われます。

わからなければ作曲家に直接聞けばいいですし。

でも、現代の私たちはすでに亡くなっている作曲家に聞くことができません。

20世紀以前では、作曲家が残した演奏の音源というものも存在しません。

 

ですから、音楽の専門家が研究して解釈したスラーや強弱、ペダリングなどを書き込んだ楽譜が、各出版社から出ているんですね。

解釈がそれぞれ違うので、どこの出版社のものを使うかということはかなり重要です。

また、いろんな出版社の楽譜を見比べて、納得できる奏法を選択するという作業も必要になってきます。

 

余談ですが、時代が近代に近づくにつれて、作曲家が楽譜に指示を書き込むことが増えていきます。

これは、クラシック音楽が教会や王侯貴族などの限られた人だけのものから、革命などの時代を経て、庶民へと裾野が広がってきたからだと教えられました。

何千何万という演奏家に、作曲家が直接弾き方を指導することは不可能ですものね。

 

そんなこんなで、発表会やコンクールが近くなっている坂場ピアノ教室では、いろんな楽譜を見比べたり、YouTubeでいろんな演奏家の演奏を聴き比べたりしながらレッスンするという作業が行われています。

これが大変ながらも個人的には楽しい作業だったりします。

自分で曲を作り上げていくという楽しみです。

引き続き、生徒さんとこつこつと研究していきたいと思います。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は、新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

随時体験レッスンを行なっています。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPからお気軽にどうぞ♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室

 

 

新年度とものもらいの手術

新学期が始まりました。

今日は晴れて暖かい日になったものの、4月入ってすぐは冬のような天気でしたね。

寒暖差の激しい折、皆様どうぞご自愛下さい。

 

f:id:TakakoSakaba:20190406204612j:image

 

坂場ピアノ教室では今週から新入会の生徒さんたちのレッスンが始まり、体験レッスンの方々もお迎えしています。

そんな中、今週半ばに坂場はものもらいの切除する手術を受けてきました。

 

f:id:TakakoSakaba:20190406204858j:image

 

巨大霰粒腫摘出手術。

 

今まで使ったことのない大文字を使ってみたくなる物々しさ。

 

いや、1〜2年ほど前に上まぶたにできたものもらいの芯がそのまま残っていましてね。

気になるようなら取りますので相談してくださいねーとかかりつけの眼科の先生に言われていましたので、取ってもらうようお願いしたんですね。

そしたら、手術室での摘出手術となりました。

 

腫れと皮下出血が出まして、術後は痛々しい姿でレッスンをしておりました。申し訳ありません。

経過は順調ですので、安静にして養生に努めたいと思います。

優しい言葉をくださった保護者の皆様、感謝申し上げます。

 

 

年度が変わり、生徒さんたちは発表会に向けて着々と準備が進んでいます。

とても楽しい発表会になりそうです。

小さなあれこれで(ものもらい切除とか)バタバタしておりますが、今年度も坂場ピアノ教室をどうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

教室Instagram、日々更新中です。

 

 

 

坂場ピアノ教室は新潟市西区の山田小学校近くにあるピアノ教室です。

随時体験レッスンを行なっています。

教室詳細、お問い合わせは下記の教室HPからお気軽にどうぞ♫

新潟市西区のピアノ教室 - 坂場ピアノ教室