読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

poco a poco

新潟市西区にある坂場ピアノ教室のブログです。poco a poco(ポコ ア ポコ 少しずつ)自分のペースで音楽を楽しむ毎日を。

PTNA課題曲セミナー

音楽

f:id:TakakoSakaba:20170321213420j:image

 昨日はピティナピアノコンペティションというコンクールの課題曲セミナーに行ってきました。

講師は関本昌平先生。若手のとても実力のある先生です。


ピティナ(PTNA)は毎年夏に行われる全国規模のコンクール。
毎年生徒さんが出場しているというのもありますが、課題曲セミナーはとても勉強になります。
曲にはいろんな解釈があり、それぞれに元になる理由と楽曲の知識が必要となります。
それを吸収できるのがセミナーなのです。

 

関本先生のセミナーは、軽快でユーモラスな語り口のせいか、勉強になるだけでなく聞いていると楽しくなってきます。
そして、セミナーの中で弾かれる曲がとにかく美しい音色で、演奏をもっと聴きたくなるんですよね。

楽譜に忠実になるばかりでなく、曲全体、音楽全体を通して見て、アーティキュレーションやテンポ、曲の雰囲気を決めて演奏すること、という点に、なるほどーと納得しました。


一番印象に残ったのは、「誰でも弾けるところを、誰も弾けないほど美しく弾く」という言葉です。


どかんと胸に来ました。
うわわわ、確かにその通りです。


それがまさしく、数多の人たちが同じ楽譜を演奏するというクラシック音楽における、「オリジナリティ」というものです。
こんなにもわかりやすい言葉でオリジナリティについて説明されているのを初めて聴きました。
生徒さんたちにも教えようと思っています。


子供たちは今週から春休みに入りますね。
ラブラ万代にこのようなものが出現していました。

f:id:TakakoSakaba:20170321213607j:image
楽しい春休みになりますように。

生徒の一言

教室のお話 レッスンのこと

f:id:TakakoSakaba:20170317223040j:image

ある日のレッスンでのこと。
小学生の生徒に音楽ドリルの新しい場所を説明していたところ、途中で話を聞いていない上の空の顔に。
生徒はとても正直です。わかったときはわかった顔に。わからないときはわからない顔になるんですね。
(余談ですが、練習をたくさんしてきたか、あまりしてこなかったか、生徒がレッスン室に入ってきた時点でわかることが多いです)
説明していたのはドリルの中でも難しい場所でしたから、ぼんやりしちゃったのかな?と思っていたのです。

 

「○○ちゃん、今先生がお話ししてたの聞いてないなあ?」
「…だって先生の話しかた、はやいよ」

 

その言葉を聞いて、私、あっ!と思いました。
小学生の生徒は、私の話を聞いてなかったことに対して言い訳しているのではありません。
どうやら、私の話し方が早くて説明が頭に入らなかったようなのです。
そのあと、ゆっくりと、何度も説明したら、理解してくれました。


思い返してみると、私の説明に時々生徒たちがぽかんとした顔になってしまうときがあります。
音楽の説明は抽象的だったり感覚的だったりして難しい場合があるので、伝わらないのはそのせいかもあるのか思っていました。
でもそれ以前に、私の説明の仕方が早かったのかもしれません。
それからは、わかりやすい言葉でゆっくりと話すよう心掛けるようになりました。
心なしか、生徒の「わからない顔」は減ったように思うのです。


レッスンをしていると、教えたつもりになってしまうことが多いです。
なかなか伝わらないと、生徒の理解力にもどかしくなってしまうことも正直あります。
でも、生徒が理解できるようにするには、まずは講師である私が話し方、言葉の選び方に工夫を重ねないといけません。
そのとても大事なことに立ち返らせてくれた生徒の一言でした。

「大人のためのPiano Concert」の日程が決まりました

イベント

f:id:TakakoSakaba:20170314171137j:image

毎年開催している大人の生徒さんの発表会「大人のためのPiano Concert」。

今年の日程が決まりました。
いつもは6月に開催していましたが、今年は時期がずれます。

 

日程:10月15日(日)
場所:スタジオスガマタ
※入場は関係者のみとさせていただきます。

 

今年は場所を変えての開催となります。
スタジオスガマタさんで催しをするのは初めて。とても楽しみです。
素敵な発表会となるよう準備していきたいと思います。

蜜蜂と遠雷

日常

先日、直木賞受賞作品の「蜜蜂と遠雷」著・恩田陸 幻冬舎 を読みました。

f:id:TakakoSakaba:20170309160421j:image
3年に1度開催される国際ピアノコンクールを舞台にした青春群像劇です。
508ページという大ボリュームで、しかも2段組でしたが、とにかく面白く、素晴らしく、幸せな読書体験でした。読み終えるのがもったいなかったくらいです。


音楽をどのように言葉で表すのかと思っていたら、著者の恩田陸さんの圧倒的な表現力によって、本から奔流のように音楽が勢いよく流れ出してくるようです。凄い。本当に凄いとしか言えない筆力でした。
曲を全然知らなくても問題ありません。知っていたら、あの曲をこんな風に表現するのかと楽しめますし、知らなければどんな曲なのか想像しながら楽しめます。


登場人物たちも魅力的。一人一人応援したくなります。本の中の彼らが、本当は実在していて、世界のどこかでピアノを弾いているように感じるんですよね。とってもリアル。今後の彼らの活動も追いかけていきたくなりました。


音楽の過酷な世界の中で、才能という目には見えないものを背負い向き合いながら、自分の音楽を模索していく若きコンテスタントたちに胸が熱くなります。まるで、読んでいる私が観客となって、彼らと共に2週間を過ごしたような読後感なのです。

f:id:TakakoSakaba:20170309160454j:image

カバーを外すと、ピアノと同じ光沢の本体が。


先日、この本をテーマにした読書会にも参加してきました。いろんな意見や感想が聞けて、とても楽しかったですよ。


クラシック音楽が好きな方はもちろん、そうでない方にもお勧めできる本です。

 

 

蜜蜂と遠雷

蜜蜂と遠雷

 

 

 

蕗谷虹児記念館での演奏会

日常

f:id:TakakoSakaba:20170305190802j:image

昨日は新発田市にある蕗谷虹児記念館で、以前一緒に演奏の仕事をしていた方の演奏会があったので行って来ました。

f:id:TakakoSakaba:20170305190450j:image

外から見た蕗谷虹児記念館。

 

f:id:TakakoSakaba:20170305190422j:image

蕗谷虹児は、大正から昭和にかけて活躍した画家です。
花嫁人形の絵が有名ですね。

f:id:TakakoSakaba:20170305190525j:image


演奏会は、蕗谷虹児にちなんだフランスの歌と、オペレッタの演目。
グランドピアノがブラウンの色調でモダンでした。黒いピアノもいいけれど、ブラウンもかっこよかったです。
音楽を楽しみ、愛する気持ちにあふれたあたたかい演奏会でした。
ホールではない場所での演奏会もまた良いものですね。

新入会の生徒さんの募集を再開しました♩

教室のお話

坂場ピアノ教室では、本日より新入会の生徒さんの募集を再開しました。

f:id:TakakoSakaba:20170301135423j:image

生徒さんお一人お一人のペースを大事にしながら、明るく楽しく、そして、きちんと基礎も学んでいただけるようにレッスンしています。
ピアノを通して音楽を楽しみ、その方ならではの感性や心を育む。
そんな教室作りを心掛けています。

 

現在、幼稚園から70代の大人の方までの生徒さんがいらっしゃいます。
当教室では、4歳からご入会いただけます。

 

レッスン内容やお月謝額などの詳細はHPをご覧いただくか、直接お問い合わせください。
現在の空き時間につきましても、お手数ですがお問い合わせください。
無料体験レッスンも行なっております。

 

体験レッスンのお申し込み、各種お問い合わせはお気軽にどうぞ♩

 

新しい生徒さんとの出会いを心よりお待ちしています。

 

↓教室HPはこちらです

ホーム - 坂場ピアノ教室

坂場ピアノ教室が大事にしていること

日常 教室のお話

f:id:TakakoSakaba:20170226163415j:image

今日はレッスンがお休みの日ですので、坂場ピアノ教室のHPを細かいところで手直しをしていました。

教室HPはこちらからどうぞ↓

ホーム - 坂場ピアノ教室

ぱっと見は全然変わっていないのですが、ささいな言葉を、今の自分自身の感覚にぴったりくるように直しました。

 

大きなところでは、私がピアノ教室でやりたいことはほぼ変わっていません。
生徒さんが、ピアノを通して音楽を楽しみ、人生を楽しみ、その方ならではの感性や心を育むお手伝いをすること。
ピアノの先生という立場で技術や読譜の仕方を教えていますが、大事なのは、生徒さん自身がピアノという楽器を通して能動的に様々な経験を楽しむお手伝いをすることだと思っています。

 

ピアノを習うということは、もうすでにひとつのドラマです。
こつこつ練習することや、発表会のような大きな舞台で演奏することは、ときとして抑えられない緊張や怠惰な自分との戦いになることがあるかもしれません。
それでも、音楽はとにかく素晴らしいものです。楽しいものです。
指先が生み出す美しいハーモニー。
言葉が必要ない、世界のどこでも伝わるコミュニケーション。
心を震えさせ、感動を生み出す音の連なり。
音楽という雄大で豊かな世界に飛び込むことは、人生を豊かにすることだと思うのです。
ピアノ教室は、その入り口を担っている扉の一つなんですね。

 

もちろん、ピアノを演奏できなくても、音楽を楽しむことはできます。
でも、演奏するという楽しみは、また格別なものなんですよね。

 

少し表現が大げさすぎたでしょうか。
とにかく、ピアノは楽しいよーということが伝われば嬉しいです。

 

坂場ピアノ教室が大事にしていることに今一度立ち返り、春からまたレッスン内容や教室運営の方法をブラッシュアップしていこうと思います。
また、昨年春よりお休みしていました新規生徒さんの募集をこの春再開します。
その際はこのブログでもご連絡しますね。