読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

poco a poco

新潟市西区にある坂場ピアノ教室のブログです。poco a poco(ポコ ア ポコ 少しずつ)自分のペースで音楽を楽しむ毎日を。

『ピアニストが語る!』

 

ピアニストが語る!  現代の世界的ピアニストたちとの対話

ピアニストが語る! 現代の世界的ピアニストたちとの対話

 

 

先日、「ピアニストが語る!」という本を読みました。
この本は、台湾出身の音楽ジャーナリストで著述家の焦元溥(チャオ ユアンプー)氏が、ピアニストたちへ行ったインタビューが記されたものです。

読み終わった後、言葉にはできない衝撃にいささか呆然としました。
様々な国で活躍するピアニストたちの、ピアノとの出会い、音楽との向き合い方、人生を賭した音楽への愛と情熱、政治からの抑圧、人種差別、など、深く抉るようなインタビューの内容にとにかく圧倒され、音楽の深遠さ遠大さに思わず立ちすくむような気持ちになりました。
音楽の世界だけでこんなにも果てが見えないくらいに世界が広いのだとしたら、私は何をやっていったらいいんだろうと頼りない気持ちで思ったんです。

そして、まっさらな気持ちに戻って、もっともっと様々なことを勉強しようと思いました。
音楽に限らず、世界は広くて深くて果てしないのに、人生の時間は有限だから、謙虚に、できることをこつこつやっていくしかありません。

時に鋭い質問を投げかけるこの本の著者である焦氏が、ピアニストたちにインタビューを行った当時、20代の学生だったことに驚愕します。
森岡葉さんの訳も素晴らしく、軽くレッスン10回分の価値はある本でした。

4月に続編が出るとのことなので、楽しみに待ちたいと思います。

いやー、自分自身がぐらぐら揺さぶられるものに出会えるってすごいことですね。