読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

poco a poco

新潟市西区にある坂場ピアノ教室のブログです。poco a poco(ポコ ア ポコ 少しずつ)自分のペースで音楽を楽しむ毎日を。

発表会が終わりました

f:id:TakakoSakaba:20150405125736j:plain

先日4月5日(日)に、新潟市黒埼市民会館のホールで第2回 坂場ピアノ教室発表会を開催しました。

単独での開催は今回が2回目。
前回は不慣れな点も多々ありましたが、2回目は少しだけ余裕を持って当日を迎えることができました。

今回は独奏のプログラムのほかに、連弾も取り入れました。
ピアノは一人で弾く機会が多いのですが、誰かと音楽を紡ぐ楽しさを感じてもらえたら嬉しいと思ってのことです。
連弾は保護者の方々にとても好評をいただきました。
お忙しい中、連弾の合わせのために時間を縫ってレッスンに来ていただき、生徒さんや保護者の皆様には感謝しております。

出演する生徒さんは幼稚園児から音楽短大を卒業してまた教室に戻ってきてくれた生徒さんまで、年齢層とプログラム内容に幅が出ました。
どんな発表会になるのか、緊張しながらもとても楽しみにしていました。

f:id:TakakoSakaba:20150318110826j:plain

当日は午前中にピアノの調律をしていただき、その後ひととおりリハーサルをしてから本番に臨みました。

講師である私も保護者の皆様も緊張しますが、やはり演奏する本人が一番緊張しますね。
綺麗なドレスやスカート姿が嬉しくも、皆どこか硬い表情。

発表会は、入会して3か月の生徒さんの、元気な演奏からスタートしました。

生徒の皆さんはとても丁寧に演奏していて、舞台袖から見ていた私は、自分の教室の生徒でありながらそうでない生徒を見るような不思議な気持ちで聞き入っていました。

本番の演奏は1回勝負で、舞台の上には演奏者しか立てず、そこでは先生や親の助けを借りることはできません。お客さんもたくさん見ています。
緊張から普段しないようなミスタッチをしてしまうこともあります。
舞台の上で、大勢のお客さんの前で、最初から最後まできちんと演奏するということは、もうそれだけで本当にすごいことです。
生徒さんにとってはとても得難い経験になるんですね。

f:id:TakakoSakaba:20150405160333j:plain

どの生徒さんもきちんと最後まで丁寧に演奏していました。(曲の途中でドキッとすることもありましたが^^;)
何か月もかけてこつこつと練習してきた生徒さんたちの姿を思い出して、ひとりじんわりと感動していました。
客席の皆様が、生徒さんたちへとても温かい拍手を送っていたのが印象的でした。


最後は講師演奏として私も演奏させていただきました。
やっぱり、何度経験しても舞台の上での演奏は緊張します。

f:id:TakakoSakaba:20150415121130j:plain

発表会を終えて1週間レッスンをお休みし、昨日よりまたレッスンが始まりました。
舞台での演奏を終えた生徒さんたちは、いつもこちらが驚くような成長を見せてくれます。
これからまた1回1回のレッスンを大切に、生徒さんたちと音楽を楽しみながら学んでいこうと思います。

出演した生徒さん、お疲れ様でした。
また、保護者の皆様には多くの協力を賜りました。こうして発表会を開催できるのも皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

そして、陰ながら支えてくれた家族へ、感謝です。

f:id:TakakoSakaba:20150415121252j:plain